忍者ブログ

健診と人間ドックの重要性

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


メタボになると狭心症や心筋梗塞の危険度が上昇

脂肪は私たち人間の生命活動に欠かせない「三大栄養素」の一つですが、過剰に蓄積(男性で25%、女性で30%)されると「肥満」と診断されます。肥満は単独ではそれほど問題ないのですが、糖尿病や高血圧、動脈硬化、変形性膝関節症などあらゆる臓器に合併症が生じるという大きなリスクがあります。

メタボで心疾患の発症率が上昇

一部の病気を除けば、脂肪が過剰に蓄積される原因は食べすぎと運動不足にあります。食事から摂取するエネルギーと日常生活で消費されるエネルギーの差が大きく、体脂肪の蓄積につながるのです。

肥満は大きく分けると、下半身に脂肪が蓄積する皮下脂肪型、内臓に脂肪がつく内臓脂肪型の2つがあり、内臓脂肪型肥満に複数の生活習慣病を併発した状態がメタボリックシンドロームです。40歳以上の方はメタボ健診が義務付けられていますので、ウエストサイズを意識している方も多いことでしょう。

動脈が脆くなったり、硬くなったり、血栓ができるなどの血流障害が起きる「動脈硬化」の危険因子として、内臓脂肪、糖尿病や高血圧、高脂質異常症は有名ですが、これらが複数同時に発症すると、10年後に狭心症や心筋梗塞などを発症するリスクが健康な人に比べて36倍も跳ね上がるという報告もあります。

メタボリックシンドロームの診断基準は男性で腹囲85cm以上、女性で90cm以上にプラスして、中性脂肪が高い、血圧が高い、血糖値が高いの3つのうち2つ以上が該当するものとしています。

肥満やメタボリックシンドロームの予防には、バランスの良い食事と運動を日常的に心掛けて内臓脂肪を減少させることが大切です。血糖や血圧、中性脂肪などの数値に改善がみられ、体重や腹囲の減少が数字として実感できれば、食事療法や運動療法を続けるモチベーションになることでしょう。場合によっては脂肪の九州を抑える薬が処方されることもあります。

PR

心筋梗塞や脳梗塞を予防するEPAやDHAはマグロに豊富

心筋梗塞や脳梗塞は心臓や脳の血管が詰まることより発症する病気です。以前は日本人には脳出血といって、脳の血管が破裂する病気が多かったのですが、食生活の欧米化により血管が詰まる血栓症が多く見られるようになりました。これは動物性脂肪の摂り過ぎとリノール酸系の脂の摂り過ぎによるものです。

栄養価の高いマグロ

リノール酸は悪玉コレステロールであるLDLコレステロールを下げ健康によいとされていますが、リノレン酸とのバランスが悪いと血液を凝固するホルモンを多く生産するといわれています。

このリノレン酸が生体内でEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)に変化することから、EPAやDHAを豊富に含んだ魚介類を食べることが効果的であるとされています。EPAやDHAを豊富に含む魚の代表には寿司ネタとして人気のマグロがあります。

EPAやDHAからは微量で作用するホルモン様の物質が生成され、これが血液がドロドロになるのを防ぐ作用を持ちます。また赤血球変形能促進作用で、心筋梗塞や脳梗塞の予防と治療に効果があるとされています。

魚をよく食べる漁村と、そうでない農村とで血栓症疾患の発症率を比較した研究では、漁村での発症率が低いことがわかっています。

マグロは乱獲で各国の割り当て漁獲量が減少し、価格高騰が心配されてきましたが、国内初の完全養殖として近大マグロが登場するなど、近い将来は完全養殖の普及で安価で安定した供給ができると期待されています。


市場が拡大する頻尿などの排尿トラブル治療薬

排尿障害治療薬の最大製品であるアステラス製薬の「ハルナール」は薬価改定の影響やジェネリック医薬品へのシフトが進んでいることから、売上は減少に転じています。競合品であるキッセイ、第一三共の「ユリーフ」は2社合計で売上を拡大しており、領域内でのシェアを確実に上昇させています。

女性に多い病気

国内初の5α還元酵素阻害薬として発売されたグラクソ・スミスクラインの前立腺肥大症治療薬「アボルブ」は海外で「Avodart」として発売されており、2010年には800億円を超える大型製品に成長しています。

頻尿・尿失禁治療薬としては、過活動膀胱(OAB)における尿意切迫感、頻尿及び切迫性尿失禁に対して承認されたアステラス製薬の「ベシケア」が、市場を牽引しています。2010年には口腔内崩壊錠の承認も取得しており、今後の更なる拡大が期待できます。

ファイザーの「デトルシトール」、杏林製薬のイミダフェナシン製剤「ウリトス」、小野薬品の「ステーブラ」も普及が加速しています。2011年には、新たな作用機序の過活動奉公治療薬である「ベタニス」がアステラス製薬から発売されました。

ベタニスは1日1回経口投与のβ3アドレナリン受容体作動薬であり、抗コリン薬の副作用である口内乾燥の発現率が低いことなどから患者のQOL改善に貢献することが期待されていますが、臨床前試験との関連で生殖可能な年齢の患者への投与は可能な限り避けることが警告されており、普及の妨げになるかが注目されています。


自覚症状がない高血圧症は合併症に注意

高血圧や脂質異常症は極めて身近な病気です。厚生労働省の国民健康・栄養調査では、高血圧症(収縮期家威圧140mmHg以上、または拡張期血圧90mmHg以上)を患っている人数は約3970万人、高コレステロールなど脂質異常症が疑われる人は約4220万人と推定されています。

生活習慣の改善が大切

高血圧症には、病気に起因する二次性のものと、原因不明の本態性の2つのタイプがあります。血圧の正常値は成人の場合、上が130mmHg以下、下が85mmHg以下とされていますが、日本では3人に1人が高血圧あると推定されています。

高血圧症の多くは自覚症状が現われませんが、日本人の死亡原因の上位を占める脳出血や脳梗塞、狭心症、心筋梗塞をはじめ、腎不全、高血圧性網膜症など、重篤な合併症を招く病気です。したがって、治療の最終的な目的は単に血圧を下げるにとどまらず、合併症を予防することにあります。

実際の治療は、まず食事療法が大前提となります。そして、減塩、野菜・果物の摂取、減量、運動療法、禁煙などの生活習慣の改善を行います。これでも改善しない場合は、血圧を下げる薬を服用することになります。


高血圧が要因となる大動脈瘤の破裂と予防手術

動脈硬化によって血管壁が脆くなった部分に、高い血圧がかかると、その部位が瘤(こぶ)のように膨らんできます。こうした瘤は大動脈にできやすいことから「大動脈瘤」と呼ばれています。大動脈瘤は横隔膜より上部の大動脈にできる「胸部大動脈瘤」と、横隔膜よりも下にできる「腹部大動脈瘤」の2つに大別されます。

働き盛りのストレスは大敵

いずれのケースも、痛みがないからといってそのまま放置していると、血圧に耐え切れなくなって破裂、大出血を起こすことになりかねず、生命に危険を及ぼします。胸部の場合は、咳や呼吸困難、声のかすれなどの症状が現れますが、腹部の場合は無症状のことが少なくないので注意が必要です。

瘤の直径が5~6cmの場合、将来の破裂を予防する目的で、原則として外科手術による切除がが行われてきました。また近年は、血管内治療の新技術「ステントグラフト」が注目を集めて、普及しています。

ステントグラフトは人工血管にバネ状の金属をつけたもので、これをカテーテルの尖端に込めておき、動脈瘤の位置に押し出します。人工血管はバネと患者の血圧によって動脈の内側に張り付けられるので、手術によって縫い付ける必要がありません。これで動脈瘤には血圧がかからず破裂を防ぐことができるのです。

この治療は、胸部や腹部を切り開く必要がある外科手術と異なり、カテーテルを足の付け根にある動脈から挿入するだけですので、体への負担が軽いのが最大の特徴であり、メリットとなっています。治療をした翌日には食事や歩行が可能になります。入院期間も外科手術の半分以下、退院後の日常生活はほとんど制限されません。

腹部大動脈用ステントグラフトは保険適用となっており、全国で約900例、また胸部大動脈用は5年前に開始されて3000例の治療実績があります。高度な知識と技術が必要なため、実施する医師には研修が義務付けられており、実施病院には必要な設備と管理体制が整備されていることが実施基準となっています。

大動脈瘤の予防のポイントは、日常生活における血圧のコントロールです。高血圧の人は血管に常に負担がかかることになるため、瘤ができやすくなります。糖尿病や高脂血症などの持病もあり、動脈硬化を起こしやすい人は、血圧だけでなく、血糖値やコレステロールの数値にも期を句場ある必要があります。

そのためには脂肪や塩分を控えたバランスの取れた食事、適度な運動運動、飲酒や喫煙習慣にも注意が必要です。医師から動脈硬化を指摘された人は、医師の指導をしっかり守り、生活全般を見直しましょう。


        
  • 1
  • 2