忍者ブログ

健診と人間ドックの重要性

自覚症状がない高血圧症は合併症に注意

高血圧や脂質異常症は極めて身近な病気です。厚生労働省の国民健康・栄養調査では、高血圧症(収縮期家威圧140mmHg以上、または拡張期血圧90mmHg以上)を患っている人数は約3970万人、高コレステロールなど脂質異常症が疑われる人は約4220万人と推定されています。

生活習慣の改善が大切

高血圧症には、病気に起因する二次性のものと、原因不明の本態性の2つのタイプがあります。血圧の正常値は成人の場合、上が130mmHg以下、下が85mmHg以下とされていますが、日本では3人に1人が高血圧あると推定されています。

高血圧症の多くは自覚症状が現われませんが、日本人の死亡原因の上位を占める脳出血や脳梗塞、狭心症、心筋梗塞をはじめ、腎不全、高血圧性網膜症など、重篤な合併症を招く病気です。したがって、治療の最終的な目的は単に血圧を下げるにとどまらず、合併症を予防することにあります。

実際の治療は、まず食事療法が大前提となります。そして、減塩、野菜・果物の摂取、減量、運動療法、禁煙などの生活習慣の改善を行います。これでも改善しない場合は、血圧を下げる薬を服用することになります。

PR