忍者ブログ

健診と人間ドックの重要性

心筋梗塞や脳梗塞を予防するEPAやDHAはマグロに豊富

心筋梗塞や脳梗塞は心臓や脳の血管が詰まることより発症する病気です。以前は日本人には脳出血といって、脳の血管が破裂する病気が多かったのですが、食生活の欧米化により血管が詰まる血栓症が多く見られるようになりました。これは動物性脂肪の摂り過ぎとリノール酸系の脂の摂り過ぎによるものです。

栄養価の高いマグロ

リノール酸は悪玉コレステロールであるLDLコレステロールを下げ健康によいとされていますが、リノレン酸とのバランスが悪いと血液を凝固するホルモンを多く生産するといわれています。

このリノレン酸が生体内でEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)に変化することから、EPAやDHAを豊富に含んだ魚介類を食べることが効果的であるとされています。EPAやDHAを豊富に含む魚の代表には寿司ネタとして人気のマグロがあります。

EPAやDHAからは微量で作用するホルモン様の物質が生成され、これが血液がドロドロになるのを防ぐ作用を持ちます。また赤血球変形能促進作用で、心筋梗塞や脳梗塞の予防と治療に効果があるとされています。

魚をよく食べる漁村と、そうでない農村とで血栓症疾患の発症率を比較した研究では、漁村での発症率が低いことがわかっています。

マグロは乱獲で各国の割り当て漁獲量が減少し、価格高騰が心配されてきましたが、国内初の完全養殖として近大マグロが登場するなど、近い将来は完全養殖の普及で安価で安定した供給ができると期待されています。

PR